せいきょういく日記

SRHR(セクシュアルリプロダクティブヘルス・ライツ)を念頭にDV、性暴力、ジェンダー、フェミニズムの観点から今必要な性教育について考えます。

あの問題を考えてみる

http://森喜朗「逆ギレ会見」で「反省の色はゼロ」…注意もできない日本政府のヤバすぎる現実 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/79942

 

森喜朗東京オリパラ組織委員会長の発言が物議を醸していますね。

しかも会見でも逆ギレしていました。おお、怖い怖い。

 

その件でTwitterにも書かせていただいたんですが、こんな意見を見たんです。

 産めるのは女だけで性別役割がそもそも違うから平等なんてムリ

 

これを見たのはアタシの普段の日常を呟いている鍵アカの方なんですけどね。

世の中たくさんの人がいるわけだから、いろんな意見があるのはそれは当然だと思うんですけどね。

 

でもこの意見に関してはsexとgenderが混在している気がしましてね。

だから、問題の趣旨というか論点がぶれてしまう気がするんです。

 

じゃあsexとgender、それぞれ何なのかおさらいしましょう。

 

いいページがありましたよ。こちらも参考にしていただければ。

www.pko.go.jp

まずsexについて。

人間は生まれながらの性(sex)があるのです。それはみなさんわかりますね。

大半は男性か女性(大半というのは性分化疾患インターセックス>というのもありますので)です。具体的に言うと性器の違い、生殖機能の違いです。これが所謂sex、生物学的性差といいます。

 

次にgender。genderは生物学的性差(sex)があってこその社会的・文化的性差をいいます。

ジェンダーって結構難しいところなのよね。

「男のあるべき姿」「女のあるべき姿」といったような社会、文化の上で作られた、決められたものとでもいいますか。だからいろいろよね。家庭、服装、職業、言葉遣い…。列挙できないほどたくさんあると思う。

 

今でこそ、女性社長とか増えてきたし、女性の大工さん、警察官、消防士…。

この職業=男がやるものっていう固定概念が覆されること、増えてきているよね。

男性育休とか、認知度や実施率はまだまだだし、それをとることに反対しているところもあったりするけど、「夫は仕事、妻は家庭」なのになぜ男であるお前が育休だぁ!?みたいな。

 

といったいろいろがある中、ジェンダーギャップ指数って知ってる?

日本は153か国中121位なの(2020年)。

 

めっちゃ低いよね!!ということはジェンダーギャップがありまくりな日本ということになるわけ。男ガー、女ガーという、性別役割分業といいますか、根強いですね!

 

今、SDGsでもジェンダー平等を実現しようって言ってるんですよ。

あのUNICEFがですよ。

 

それを東京オリパラの組織委員会長が、ジェンダーバイアスバリバリな発言をしちゃったもんだから、ジェンダーギャップ指数121位日本を露呈させてしまった!!と。

 

まあ、森さんは80代男性ですからね。

バリバリ、性別役割分業意識がある方でしょうね。

でもそれは昔の話であって、今は違う。

 

もっともっと、世の中がジェンダーニュートラルになればいいなあと心から願いますよ(ジェンダーニュートラルっていうのは性やジェンダーに基づく規範に影響を受けるべきでない!っていう考え方だよ)。

 

まあ、アタシも今こんなに性教育言ってますけど、アタシ自身は性教育を受けた記憶がないんですよ。小学生の修学旅行前の月経教室的なのだけ。

 

今の小中学生の子とかは性教育を受けている子の方が多いと思うから、こういうのも習っているかもしれないけど、本当に知らなきゃいけないのはオトナなんだよね。

 

オトナに教える機会があったら、アタシまだジェンダーについて勉強中だけどどんどん伝えていきたい。

 

そしてこれからオトナになる子たちにも、声を大にして伝えていきたい。

小学生向け性教育に向けて

前回の記事で書いた通り、小学生向け性教育に行くことになったんだけど、それが今月の中旬にあるから着々と準備を進めている。

 

本当はパワーポイントとかを使えたらいいんだけど、何せ何もないところでやるらしい。

だから紙媒体になるとのこと。

 

紙媒体にしろ、デジタル媒体で絵を描き、紙に出力してしまえばいいのではと勝手に思っているアタシ。

 

ということで、数日前の寝る前のほんの数十分で書いたプライベートゾーンの絵をこっそりここで投下してみる。

f:id:ayamw325:20210206100321j:image
f:id:ayamw325:20210206100006j:image

我ながらうまくできているのではないかと自画自賛しているんだけど、どうだろうか?

まあそれはさておき、使用したのは愛用しているiPad miniLogicool Crayon。アプリはGoodnotes。紙に書くのとは違って簡単に修正ができるし楽。

 

一緒に行く先輩に一応こんなん作りましたけどどうですか?と提示してみたら、褒められた。アタシ、褒めて伸びるタイプ。

 

これはほんの一部なので、さらにセクシュアル・コンセントのこととか、も少し付け加えねばならんところがある。

 

連休いただいているのでこの休みの間に描けたら。

 

本当は、アニメ調のかっけー絵が描きたいんだけど、なかなか難しいな。

これを機に少し練習してみるか?

最近呪術廻戦にはまっているからあんなタッチの絵が描けるようになりたいですな。

 

 

さて、もう1つ準備をしていることとして、準備に向けて資料をあさっている際に気付いたことがあって。

「アタシ、思春期性教育の資料はたんまりとあるのに、小学生向けの性教育資料って全く持っていない!!」

 

これに気付いてしまったアタシは悩みに悩んで、今後このような機会が増えるかもしれない否むしろ増えろ!と思い、新たに本を2冊購入した。

 

 

 

 

 

この2つ。電子書籍ユーザーの私が珍しく単行本バージョンで買いました(性教育の本はだいたい普通の書籍。それ以外のものは電子書籍な気がする。なぜかよくわからないけど、先輩と本をシェアすることが多いからかしら。それ以外の性暴力やDV、フェミ系の本は電子書籍だな)

 

これ読んで参考にできそうな箇所、絵を探してみようと思う。

 

最後に、これらをスマホで編集しようと思ったけど難しいのな。Amazonリンクも貼れないし、結局写真だけ読み込んであとはPC編集している。

PCをなかなか開かない私にとっては更新が大変。でもなるべく更新できるように頑張ります。

こっそり始めてみます。

みなさん、こんにちは。

はてなアメブロはてな とまた出戻ってきました。

ブログが続けられません。

 

今日から心機一転、再度がんばってみます。

実は性教育の依頼がありました。

といっても、先輩がメインなので1コマのうちの1部ですが、枠を頂けるだけありがたいです。

 

昨日資料を探していたら、研修の資料はたんまりあるのに、性教育の絵本とか教本とかそういうのは全然持っていないことに気が付きました。

今度の研修のときにでも、もし売っていたら買おうと思います。

 

私がいただいた枠は、プライベートゾーンについて。

ちなみに小学校低学年向けです。

これを伝えるのって一番肝かと…。

国際セクシュアリティ教育ガイダンスでも、一番初めの5~8歳の教育目標に入ってくるのですから…。

 

これがわからない大人も多いからねぇ。